​はじまる
IMG_9990.JPG

長らく観客席に座っていた

 

永遠に終わらない舞台を眺めて

 

観客席の座り心地はとても気持ちがよかった

 

わたしの番がきたような気がしたが立ち上がらなかった

 

次から次へ観客席に座っていたひとが舞台に上がっていく

 

もう観客席には誰もいない

 

あちこちに舞台があらわれ

 

無数のスポットライトがいくつもの舞台を照らす

 

舞台の上ではそれぞれのひとの

 

それぞれの物語が始まっている

 

みないきいきとした表情でしなやかに踊っているのが見える

 

いよいよその時がきた

 

さぁ、わたしの舞台の幕があがる